女性が望むセックスライフ

女性のNoはYesのこと?

 

こうした考え方は一般的にかなり広まっています。「女性はセックスしたがっていることを自分から認めたがらない。だから気取って無関心を装うのだ。そうすることによって男性の性欲を頂点まで高めて、その後に初めて喜んで肌を許すのだ。」という考え方です。
この考え方は全くの間違いで危険です。

 

昔は確かに、女性が肉体の喜びを感じたり、性欲を打ち明けたりすることは本当にぶしつけとされていました。

 

ですから昔の男性は女性に向かってセックスしてくれるようにしつこくせがんだり、女性の拒否演技を打破する必要があったかもしれません。

 

しかし今では事情が違います。現代の女性は、自分に性欲があることを認めますし、Noということを当然の権利だと考えています。ですから、女性がもしもNoといった場合には、それは文字通りNoということになるのです。

 

男性の中にたまに、「女性はセックスの対象だ、男性はいつでも女性を意のままにできる」と考える人がいるのは、俗悪な内容の映画やポルノの性かもしれません。

 

ドイツの世論調査研究所が実施した調査によると、「いつセックスするべきかを決めるのは男性だけだ。そしてもし男性が求めたら、女性は即座に従うべきだ」という考えを侮辱だと感じている女性は9割にも上るのです。

 

しかし実は女性の中にもこうした考え方をしている人がいて、セックスでもほとんど主導権を握らず、基本的には相手の男性にすべてを任せるといっているのです。

 

ただし、「もしパートナーの男性からセックスを誘われたら、その気がなくても素直に従いますか?」という問いかけに対して、8割以上の女性がNoといっています。